スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの習慣 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



世界中で読まれる、『7つの習慣』のご紹介です。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 『7つの習慣』 成功には原則があった!


12/15号にて「就活に、或いは広く人生を歩む上で
『これは役立つ』と思われる書籍をピックアップし、ご紹介
の予定」と記しました。

従来は『就活にできるだけ直結する本を』との思いの下、
ご紹介書籍を選定しておりましたが、「就活以外でお薦めの
書籍を」との嬉しい声も頂戴しております。

そこで、就活直結では無いとしても、「これは学ぶべき点が
たくさんあるな」と思う書籍含め、本コーナーにて紹介して
参りたいと思います。



●まとまった時間に読んでいただきたい書籍とは・・・。

悩みに悩んだ新コーナーの第一弾推奨書籍は、冬の休暇
まっただ中のまとまった時間があろう今だからこそ読んで
いただきたい、との思いから『7つの習慣』を取り上げ
ました。

500ページ近い書籍であることから、細切れ時間活用
というよりは集中的に時間を取り、『7つの習慣』の世界
にどっぷりと浸っていただきたいと思ったためです。



●人生の成功者達が共通で行っていることとは・・・。

ところで貴方はなぜ就職するのでしょうか。「夢の実現に
近付くため」、「生活(お金)のため」、「社会に貢献する
ため」などさまざまな声が挙がることと思います。

一言で言えば、人生における自身の目的を達成するため、
ということでしょうか。

「人生における個々人の目的達成が『成功』である」と
定義した上で、もう一つお聞きします。人生の成功者達
の共通点があるのですが、それは何だと思いますか。

「行動力があった」、「タイミングが良かった(時代に
マッチした)」、「環境が整っていた(支援者がいた)」
などこれまたたくさんの答えが返ってくることでしょう。

もちろんそういった要素もあると思います。複数の要因
が上手く重なったというケースもあるかもしれません。

しかし敢えて一つだけその要因を挙げるとすれば、それは
彼等彼女等が常に『自己投資』を惜しまなかったことだと
佐藤は思います。

だからこそいくつもの小さな成功を積み重ね(同時にその
何倍もの失敗を繰り返し)、そしていつしか大きな成功、
つまり『人生における目的の達成』という果実を手に
入れるに至ったと思われるのです。

そうです、キーワードは『自己投資』なのです。



●『自己投資』と言われても・・・。

「自己投資が大切だということは分かったけど、でも
具体的に何に投資すれば良いのかな」と思われたかも
しれませんね。

一口に『自己投資』といっても個々人の目的がさまざま
であるように、その方法論は無限です。しかしながら
そこに共通の大原則があるとしたらどうでしょうか。

まずはその原則を知ることがスタート台にとなると思い
ませんか。

そうです、成功=人生の目的を達成するための大原則が
書かれた書籍があるのです。それが今回の『7つの習慣』
です。

有名な本ですので、既に読まれた方もいるかもしれません。
そういった方は今一度本棚から引っ張り出し、読んだこと
が無いという方は是非今回をきっかけに手にして欲しいと
佐藤、心から思います。



●原則を踏まえれば、そこに長期繁栄が訪れる・・・。

ここで少し書籍から引用してみましょう。

「歴史から学べる最も大切な教訓のひとつは、個人にしても、
 組織にしても、また文明そのものにしても(中略)不変
 の原則(中略)と調和した行動をとるとき、必ず長期に
 おいて繁栄しているということです。(中略)原則は自明
 的な自然の法則といえます。変化したり、なくなったり
 することはありません。戦略は変わりますが、原則は
 変わりません。・・・」

この不変の原則、貴方も学んでみたいと思いませんか。

→Amazon書評或いは購入はこちらから。



●その扉を開けられるのは貴方(自分)だけ・・・。

著者はこうも書いています。

「最終的には、(中略)『誰も説得によって人を変えることは
 できない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を
 持っており、その扉は中からしか開けられない。説得や
 感情に訴えることによって他人の扉を外から開くことは
 できない』のである。
  あなたが自分の『変化の扉』を開き、『7つの習慣』を
 構成する原則を真の意味で理解し、生活に取り入れる決心
 をするならば、(中略)結果を約束したい。」

先程、成功のキーワードは『自己投資』であると記しました
が、自己投資とはつまり、経済的な(金銭面の)、或いは
時間的な(学習時間確保という)投資によって多くの刺激
を受け、自らの扉を開放し変革し続けようとする行為の現れ
なのであると思います。

実は成功の答えは貴方自身の中にあります。しかしそれは
大きく厚く、かつ重く閉ざされた心の扉の内側に隠されて
いることが多く、簡単にはそこに立ち入れません。

唯一の鍵は『自らの変化』です。しかしながら人は安定を
好むもの。変化を最も嫌います。だからこそ、多くの人が
避ける『変化』の先には「成功」が待っているのでしょう。

簡単には開かず、開いてもすぐに閉じてしまう可能性が高い
扉だからこそ、継続的自己投資によって開放状態=自ら変化
可能な状態を維持し続ける必要があるのだと思います。

成功への答えは貴方の中に眠っています。しかし多くの人
は(たぶん)それに一生気付かずに人生を終えます。

成功をつかむための最初のステップが『原則』を知ること。
この書籍を通じて、貴方も成功の鍵に手を伸ばして欲しい
と思います。

未来につながるその扉、貴方は一生開かずに終えますか、
それとも少しでも早くそこに手を掛けますか。

本書籍を読むか否か、誰も貴方に強制できません。決定
は貴方の手中に委ねられています。

佐藤は貴方が『一読』という扉に手を掛けてくれることを
願うばかりです。

いますぐ手に入れるという方はAmazonからどうぞ。

→Amazon書評或いは購入はこちらから。



●成功者のK氏もこの書籍が大きなきっかけに・・・。

余談ですが、ネットビジネス中心に活躍し、TVや雑誌
にも頻出する大ブレイク中の20代のK氏、佐藤は直接
聞いたことがあります。

その方は自身のベストセラー書籍の中で、ある本をきっかけ
に人生が変わった、と書いていたのですが、それが何である
か気になり、或る宴席でこっそり聞いてみたのです。

答えは書かずとも既にお分かりですね。

本書で貴方の未来につながる原則を身に着けてください。

→Amazon書評或いは購入はこちらから。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

3年ぶりに涙する 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●3年ぶりに涙する。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

昨日(11/19)、文部科学/厚生労働の両省が
10/1時点の就職内定率を発表しましたね。
就職氷河期に迫る厳しい結果でした。

ご覧いただいている貴方が来年卒業を迎える学年にあり、
かつ未だに内定が取れていないとするとメンタル面でも
相当にきつい状況に置かれていることと思います。

そこで今日は「鏡の法則」について記したいと思います。


●全ての起点は、心にある。

〔以下、引用〕
人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを
気づかせてくれるために起こります。そしてあなたに
解決できない問題は決して起きません。
あなたに起きている問題は、あなたに解決する力が
あり、そしてその解決を通じて大切なことを学べる
から起こるのです。
〔引用、ここまで〕

「鏡の法則」って聞いたことありますか。もしかしたら
貴方は既にご存知かもしれませんね。

簡単に説明すると一人一人の人生に起こる色々な現実は
各々の心を映し出したものであり、現実とは心を映し
出す鏡の役割を持つ、という捉え方です。

従って、人生で起きることを見れば、心の状態が分かる
とも言えます。

悪いことが起こったのではなく、悪いことを起こして
いる(引き寄せている)という見方ですね。

それ故、自分の心に向き合い、根本原因を突き詰める
中で真の解決策が生まれる、という発想に至ります。


●セミナーで学んだこと。

少し佐藤の昔話に付き合ってください。

まだ30代前半の頃でした。知り合いに半ば強制的に
研修へのお誘いを受けました。

その研修は体験型のもので、私が参加した回は
老若男女150名ほどの人数でした。

その中で行ったあるゲームを紹介します。

それは白と黒のボールを2チームに分かれて奪い合う
ゲームでした。自分のチームのボールと取ると1点、
相手のチームのボールを取ると2点入ります。

全部で5回奪い合いを行います。

ルールは簡単です。自軍ができるだけ得点すること。

そしてもう一つルールがありました。それは
両チーム足した合計点ができるだけ高いこと。

後から冷静に考えれば分かるのですが、その時は
参加メンバー全員が相手に勝つことで頭が一杯です。

できるだけボールを奪って高得点を目指そうとします。

或る回で両方のボールを奪ったと思ったら次の回は
相手に両方を奪われる、そんな展開が続きます。

そしてトータルで見ればお互いに大差ない点数に
なります。

皆、とにかく多く奪うことで必死でした。

ゲームが終了し、各チームの得点を司会者が確認
していきます。そして両チームを合わせた得点も
発表されます。

全部で15ペア作られ、その全員が得点を競ったの
です。

どこのペアも16~17点前後でした。

司会が最後に言いました。

「皆さん、ルールを忘れていませんか。両チーム計
 で最高点を取ったところが勝者ですよ」

「では、これから最高点の取り方を見せます」と
司会が言って事務局の人が模範を見せることになり
ました。

笛の合図でスタートします。しかしお互いに奪い合い
をしません。お互いに相手チームのボールをゆっくり
と手にし、陣地に戻ります。

結果、模範演技の各チームの得点は10点ずつ、合計
点は20点となり、その日の最高をマークしたのです。

司会が言いました。

「皆さんは少しでも多く奪うことだけを考えません
 でしたか。そのために相手のボールを奪い、擦り
 傷を作った人までいますね。でも考えてください。
 こうしてお互いのメリットを考えることでお互い
 が最大の恩恵を受けられるのです」

そこに至って会場の150人余りはようやく気付き
ました。自分達のことだけを考えていては真の勝利
がないことに。


●自分中心視点を戒める。

その研修は3日間に渡るもので、他にも多くのゲーム
などを通じて、人が自己中心に陥りがちであることを
教えてくれました。

研修に参加する前はその誘ってくれた人に対し「勘弁
してよ、この忙しい時に」思っていたにも関わらず、
研修後は心から感謝する自分がいました。

さて、現在貴方が就活真っ最中であるなら、本当に
辛い毎日を過ごしていることと思います。

でも、でもですよ。何かを学べるはずだという発想
に至れば、きっと新たな気付きが生まれると佐藤は
思うんです。

〔再び、引用〕
人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを
気づかせてくれるために起こります。そしてあなたに
解決できない問題は決して起きません。
あなたに起きている問題は、あなたに解決する力が
あり、そしてその解決を通じて大切なことを学べる
から起こるのです。
〔引用、ここまで〕


●半信半疑の貴方へ。

「そんなことで問題が解決したら警察はいらないよ」
と思われた貴方。

これを読んでください。
→ここをクリック(鏡の法則)


本日のタイトル、「3年ぶりに涙する」の話をします。

実は上の引用は、2006年に発売されベストセラー
となった本書籍(「鏡の法則」)のP.90からの
ものです。

佐藤、この書籍を読むと必ず涙してしまいます。
(本日も3年ぶりに読み返して、やっぱり涙して
 しまいました)
人って弱いな、とも思います。

でも人ってこうすれば変われるんだ、
と気付かされます。

苦しい時こそ、自分を見つめ、一歩一歩前進しな
ければなりません。「鏡の法則」を上手く活用
しましょう。

是非この書籍を参考に、貴方の新たなる一歩を
踏み出していただきたいと心から願っています。
→ここをクリック(鏡の法則)

苦しんでいる貴方に、心からエールを贈ります。
「頑張れ、就活生!」


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

優先的に学ぶならば・・・ 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●優先的に学ぶならば・・・。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

本日は、この時期に良く質問される資格取得について
ご説明しようと思います。

■資格については、7/23号にて「資格取得の効果
 や如何に」というタイトルでご紹介しております。
 そちらも併せてご覧いただければ幸です。
 ※左のカレンダーより7/23をクリック願います。


●「厳しい採用環境だからこそ差別化したい」の声。

改めて申し上げるまでもなく、2011年4月入社に
向けた採用環境は厳しさを増しておりますね。

入社できる総枠が絞られる訳ですから、その中で確実
に就職を果たそうとすれば、他の就活生との差別化が
とても重要です。

そんな背景からこの時期多く出る質問が「何か資格を
取ろうと思うのですが、何が良いでしょうか」という
もの。

就職の際の資格効果については7/23号で触れて
おりますので、改めての説明は省略させていただき
ますが、履歴書への記載項目としては魅力を感じます
よね。そういった気持ち、さとうも分かっているつもり
です。

■資格効果に関する7/23号の記載をご覧になり
 たい方は、左のカレンダーをクリック願います。


資格があることで、他の受験者に比べ明らかに優位に
立てる、というものは多くありませんが、一方で就職
後の実務面含め、取得のための学習がかなりの確率で
役に立つ、というものはあります。


●どの企業でも有効なのが「語学力」と「経理知識」。

「何か資格を取りたい」或いは「差別化を図りたい」
という声に対しては、多くの場合、さとうは次の2つ
をお薦めしております。

それが語学力向上(特に英語力)と経理知識習得です。

この先、世界はますますグローバル化していきます。
従ってこれからは国内がメインターゲットの流通業や
中小企業においても語学、特に英語力はとても重要に
なってきます。

本来であればネイティブと互角に交渉できるような
コミュニケーション力などが有効ですが、これは
なかなか数値化が難しい。従ってすっかり一般名詞化
してしまった『TOEIC』の得点アップが現実解。

貴方が英語を苦手だとしても、TOEICの勉強だけ
はしておいて決して損はありません。

現に最近はTOEICで一定点を取得していないと
昇格させない、という企業も増えております。

長い目で見ても優位点が多いTOEIC(英語)得点
アップは是非お薦めしたいと思います。


●あらゆる分野で必要となる経理知識。

そしてもう一つが企業経理に関わる知識です。

6/15号で「企業業績におけるチェックポイント」
をご紹介しましたが、こういったことも経理知識の
延長上ですね。

■6/15号をご覧になりたい方は、左のカレンダー
 をクリック願います。

実はこの経理知識、ある意味、英語以上に入社後の
実務において役立ちます。

英語力は部門によっては入社後すぐには活かせません
が、利益を志向する企業においては、販売の側面に
おいても、開発面であっても、生産や管理であったと
してもあらゆる場面で計数(損益)が絡みます。その
基本となるのが経理知識なのです。

一方で学習という側面を見てみると、英語はほぼ全て
の人が学校で学びますが、経理に関する学習は一部の
文系学生を除けば、皆無に近いと思います。

実はここに「差別化」のポイントがあるとさとうは
思うのです。

少し具体例を挙げてみましょう。

企業活動においては利益が重要です。しかしながら
利益にも多くの種類があります。企業活動において
は普通に使い分けられている「売上総利益(粗利益)
と営業利益、経常利益、当期利益の違い」を貴方は
ご存知でしょうか。

これを正確に説明できる学生さんは決して多くないと
思います。

企業においてはその違いを知っていることが前提で話
が進むにも係わらず、です。

従って、この経理知識を入社前に一定レベルにして
おくことは、就職の際の企業へのアピールに留まらず、
入社後に貴方自身が企業で活躍する上でも有効だと
思います。

さて、そうはいってもこれまで勉強していない方に
とっては「一体どこから手を付ければいいんだ」と
いう疑問が浮かぶでしょう。

そこで推奨が『簿記3級』の取得。形にも残ります
から。

書店に行けばたくさんの書籍が並んでいるはずです。
購入は一番やさしそうな書籍で十分。3ヶ月程度の
学習期間を取れば、全くの素人でも合格レベルに十分
に辿り着けると思います。

ちなみにさとうの場合は、遅ればせながら入社後に
その重要性に気付き、休日などを学習時間に当てて、
ひたすら学びました(苦笑)。


●短期で成果(資格取得)に結び付けたいなら・・・。

「経理知識の重要性は分かるけど、そこまで時間的に
ゆとりがないし、3ヶ月も頑張りきる自信が無い」と
いう声があるかもしれません。

そこでこれを探してきました。
お薦め教材詳細はこちら。

学習教材の一種なのですが、一日3~5時間の学びに
よりたったの5日で合格を目指すものです。

挫けそうな方向けに個別メールサポートが付いており、
しかも今なら「第2期特別モニター価格」ということ
で通常価格から5,000円引きだそうです。
※モニター価格は規定人数に達した段階で終了とのこと
 ですので、貴方のお申し込みタイミングにより適用と
 ならない可能性もございます。あらかじめご了承願い
 ます。

でもそれだけならさとうはお薦めしません。

何とこの教材、試験にもし合格できなければ『全額返金
保証』が付いているのです。これって「凄い!」と思い
ませんか。

その他にも各種特典があるようですから、簿記3級を
確実に取得してみようという方は参考にしてください。

お薦め教材詳細はこちら。


●優先順位をお忘れなく・・・。

資格取得などを通じて自身の価値(魅力)を向上させて
いくというのは大切なことですが、この時期、貴方が
保有する時間は限られているはず。

説明会に行ったり、OB・OG訪問をする、或いは自分
自身を見つめ直すなど、すべきことは無数にあると思い
ます。

優先順位をしっかりと考え、後になり「こんな筈では」
とならないようセルフマネジメントしながら日々歩んで
ください。

貴方の飛躍を心より応援しております。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

就活格差 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●就活格差。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

今回は「文章の書き方:内容編」を一旦お休みし、「就活
格差」について記したいと思います。



●就活を改めて学ぶ。

さとうは現在人事関連の仕事を中心に職務を遂行しており
ます。新卒或いは中途などの採用関連の仕事を含め日常
の業務を遂行する上では、過去の経験をベースに関係者
とも調整しながら推進、というスタイルです。

そんな中で今年5月から本メルマガ発行を始めましたが、
実際にスタートさせてみると、改めて学んでみたいこと
がいくつも出てきました。

自社の採用に関する状況は当然分かりますが、他の業界
や規模の違う企業では採用のあり方自体が異なる場合も
多々あります。

こうして情報をお届けする以上、貴方に少しでも役立て
ていただきたいと思いますから、従来は気にしなかった
ようなそういった領域も学ばねばならないな、と思うよう
になったのです。

実はこの休み(シルバーウィーク)中も一冊の本を手に
取りました。

その書籍の購入自体は以前にしてあったのですが、仕事
の書類など他に読むべきものが多く、「この休み中こそ」
と読み始めた訳です。


●「就活格差」。

貴方は既に就活をスタートされているかもしれません。
そんな中で以下のような疑問を感じたことはありませんか。

・色々な情報が飛び交い、一体どれを(誰を)信じたら
 良いのか分からなくなってきた。
・就活に関するマニュアル本が多く出ているけど、本当
 にマニュアル本通りで良いのか。個性が大切だという
 声も聞くが、実態はどうなのか。
・出身大学による有利不利は実際にはどの程度あるのか。
・地方に住む学生は就活面で不利益を被るのか。
・「エントリーシートには心血を注げ」という声を聞く
 けど、採用担当者は真剣に読んでいるのか。どこまで
 真剣に書けば良いのか。
・「コミュニケーション力が重要」って言われるけど、
 具体的にはどんなことに気を付ければ良いのか。
 口下手だと不利なのか。
・「内定をいくつももらった」という声を聞くが、一方
 で「面接すらまともに受けられない」という声も聞く。
 就活生の二極化(格差)が進んでいるのではないか。
 そうだとすればその原因は何か。どうすれば良いか。

この春、「就活格差」という言葉を知りました。新聞紙
上に載っていたので気になったのです。

現在の日本は所得格差が開きつつあるといわれており
ます。就活においても格差が生じているという指摘が
その記事の趣旨でした。

そんな中で本書と出会ったのです。

読後感は、「これ、即メルマガで紹介だ」です。


●疑問が生じたら、行動あるのみ。

上記で掲げたような疑問をもしお持ちであれば、手に
取っていただきたいです、本書を。

クリックしてください→就活格差

著者の常見陽平氏は(株)リクルートを経て、現在は
就職ジャーナリストとして活躍されているようです。

上記書籍「就活格差」をさとうがお薦めする理由は2点。

1)本書には就活に関する実態がかなり赤裸々に綴ら
 れている。
 →極論の箇所もありますが、全体的には実態をよく
  踏まえた内容だと思います。

2)情報が新しい。
 →本書発効日は本年の7/27なのですが、初夏頃
  までの情報が掲載されており、その意味で最新の
  情報が入手可能です。

疑問を抱えたままの就活は適当ではないと思います。
本書への投資額は1,365円(税込)。これで疑問が
ある程度解決すると思えば安い投資だとさとうは思います。
悩むぐらいなら購入されることを強くお薦めします。

但し、以下の方は購入不要です。
1)上記のような疑問点は感じていない。
2)就活の成功より、今手元にある1,365円が重要。


●今すぐ入手を。

書籍店がお近くにある方は今すぐに電話して、在庫を
確認してください(「とりあえず書店に行ってみる」と
いうのは時間の無駄ですから)。

近くに書店が無い、或いは行くのが面倒だという方は
ネットでの注文が便利です(さとうも書籍の購入は9割
がネットです。探す時間がもったいないので)。

シルバーウィークの今週中に入手し、即熟読、来週から
の活動に備えていただきたいと思います。

「思い立ったが吉日」です。

クリックしてください→就活格差

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

22歳、職場のトップに! 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●22歳、職場のトップに!

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

前回、元気と勇気がでる書籍ということで「赤い自転車
に乗って」という本を紹介させていただきました。

■前回分をご覧になりたい方は、9/1記載を確認ください。


今回も前回に続き、これから先の就活を乗り越えていく
上でのお役立ちの品紹介です。


●1000円に潜む価値。

実は今回の紹介も書籍です。金額はジャスト1000円。

自身に投資いただくことにより、役立てていただきたい
と思い、推奨致します。


●セルフマネジメントのために。

前回紹介の「赤い自転車に乗って」著者、山村洋子さん
は私から見ても大先輩ですが、今回は貴方の年齢に近い
方が記す書籍です。そこから「試行錯誤とセルフマネジ
メント」を読み取っていただきたいと思います。

貴方の年齢に近い著者ゆえに、きっと共感できる部分が
多いのではないかと思っております。


●「新幹線ガール」、22歳、職場のトップに!

「新幹線ガール」。もしかしたら既に読まれた方がいる
かもしれません。朝日新聞(一面下段記載の「天声人語」)
でも紹介され、書籍ランキングでも一時は上位にランク
されていましたから。
詳細はこちら→→→ 新幹線ガール

著者は徳渕真利子さんという1984年生まれ(初版発売
当時22歳)の女性。

職業は東海道新幹線のパーサー、つまりワゴン販売を担当
している方です。

一日に40万人近くが利用する東海道新幹線には900名
ほどのパーサーが乗務しているそうですが、その中でアル
バイト採用の彼女が販売額においてトップを取ったこと
から書籍化されたのが本書なのです。


●単なるシンデレラ物語ではない。

読んでいただくと分かるのですが、彼女がトップになる
過程では、本人なりにたくさんの苦労があります。しかし
それを何とか乗り越え、トップに至った経緯が紹介されて
います。

一部抜粋してみましょう。

(以下、抜粋)
・・・好きな仕事でも辛いときはあります。嫌なことが
あったとき、体調が悪いとき・・・。そんなときの私の
スランプ解消法は「目先の楽しみを思うこと」です。
(抜粋、ここまで)

この後に具体的な方法が書かれておりますが、それは
ご自身の目でお確かめ下さい。

瞬間だけを捉えればスポットライトが当たって華やいで
見える彼女の生活にも多くの人には分からない苦労が
ある訳ですね。

決して単なるシンデレラ物語ではないのです。


●就活において最も重要なのはセルフマネジメント!

前回も記しましたが、就活のプロセスにおいては、一喜
一憂が頻発すると思います。

そんな中で大切なのは、憂いを引きずらないこと。

仮に筆記や面接で落ちたとしても、次の企業に挑む
気持ちの切り替えがとても重要です。

暗い気持ちを引きずっていれば、それは貴方の行動に、
表情に確実に表れます。そしてそれは例えば面接官に
伝わってしまいます。

貴方が試験管だとしたら、落ち込んで元気の無い人を
積極採用したいと思いますか。


●書籍はいつでも読める勇気の小箱。

鞄に入れておけば、好きな時に開けるのが本の最大の
メリット。
詳細はこちら→→→ 新幹線ガール

貴方に近い年齢の徳渕さんがどのように自分を奮い
立たせているのか、本書からつかんでいただければ
と思い、お役立ちの第2弾として紹介させていただ
きました。活用いただければ幸いです。


次回は再び、文章の書き方について、記す予定です。
ご一読の程、よろしくお願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。