スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『就活3分講座』 「第5回」来年の4月に向けてすべきことは何か

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。



◆◆◆ 今日のテーマ ◆◆◆

●来年の4月に向けてすべきことは何か「第5回」。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

前回までは4回に渡り、「自分を知る」ということに
ついて書きましたが、今回から「相手(企業)を知る」
というテーマで話を進めたいと思います。

■前回号までをご覧になりたい方は、6/4~10までの
 記載を確認下さい。


●企業の2つの顔(表と裏)を把握する。

「企業を知る」場合、2つの側面があることは想像が
つくと思います。「表の顔」と「裏の顔」です。

この場合の「裏の顔」とは、別に犯罪に関わるような
ことを意味している訳ではありません(当たり前です
が:笑)。

「裏の顔」とは、マスコミなどの情報からは入手し
にくい、その企業に入社すると初めて分かるような
素顔のことです。

そこで、今回と次回は企業の「表の顔」のチェック
ポイントを説明し、その次の回以降で「裏の顔」へ
の迫り方を紹介したいと思います。


●具体的な「表の顔」とは・・・。

・企業のHP/会社案内に紹介されている姿。
・合同説明会における紹介
 ※個別企業の説明会の場合は「裏の顔」が見える場合も
  あります。これについては次々回に。
・(上場企業の場合)決算情報。
・新聞/雑誌の記事。

「表の顔」を一言で示すならば、誰もが同じように入手
可能な情報に現れるその企業の姿、とでも言えば良いで
しょうか。


●「表の顔」のチェックポイントとは・・・。

「表の顔」は企業自身にとっても重要です。少しでも良く
見せたいというのは人と同じでしょうが(一部例外がある
かもしれません)、一方で事実に基づかない情報発進を行え
ば市場から退かざるを得なくなる場合もあります。

例えば表の顔の一つである決算情報に疑義が生じれば新聞
ネタとなってイメージを落とす可能性が高く、まして粉飾
などが発覚すれば市場から淘汰されてしまうことさえある
のは周知の通りです。

従って、就活を進める上では、まずは「表の顔」をきちん
と把握し、企業比較(絞り込み)を進めるのが良いと思い
ます。

細かい点まで上げるとチェックポイントは無数にあります
が、次の5つは特に留意して欲しい点です。

1)企業業績の推移。
2)情報の公開度(積極性含め)。
3)賃金等の待遇。
4)福利厚生等の充実度。
5)マスコミの評価。

今回は1)企業業績の推移、及び2)情報の公開度について
書きます。


●「企業業績の推移」における3つのチェックポイント。

最初に少し「企業業績」における留意事項を書きます。

業績はその企業の成果を示すものですからとても大切な
指標であることは間違いありません。しかしながら一方
でそれが過去の結果だけしか示していないことも認識
しておく必要があります。

例えば、電機業界はかつて世界をリードし、この世の春
を謳歌していた時代もありますが、2008年度決算
では多くの名の通った企業がご存知の通り数千億円単位
の赤字を計上しました。

つまり、業績(過去の結果)が良いからといって未来の
成果を保証するものではないということは踏まえる必要
があります。

また、特に急激に成長している新興企業などは、事業領域
が拡大していたり、M&Aなどによって事業構造自体も
変化しているケースがあり、単純な過去比較はあまり意味
をなさない場合もあります。

そういった点を踏まえた上で、最低以下の3点はチェック
したいですね。

a.過去3年間の売上高推移。
 ・その企業或いはその企業を更に細分化した個別の
  事業単位の数字が把握可能であればその特定事業
  と、該当する業界の伸び率を比較する。
 →ある事業が前年比110%の伸長を記録していたと
  しても、その業界自体が120%伸長であればその
  企業(事業)は縮小傾向にあるということですね。

b.過去3年間の利益推移。
 ・利益にも色々な利益がありますが、企業にとって
  重要な指標はいかに売り上げを作り、そこから
  利益を捻出するかですから、「営業利益」に注目
  していただきたいと思います。
 ※利益の階層構造が「良く分からない」という場合
  はどのような利益があるか程度は頭に入れるように
  して欲しいですね。

c.過去3年間の資本構成の推移。
 ・一般的に企業は市場からお金を調達したり、或いは
  銀行からお金を借り入れたりして事業を営んでいます。
  しかしながら例えば銀行からの借入額が急激に膨らん
  でいる企業は財務状況が逼迫してきている可能性が
  あります。

  せっかく苦労して内定を得たと思ったら入社前に会社
  が倒産、などという笑えない話が新聞紙上を賑わせた
  のはついこの間の話です。

  資本についても軽くチェックするようにしておくと、
  後になって悲しい思いをしなくて済むと思います。

これら3つのデータは、上場企業であれば「決算情報」と
して公開されておりますし、「会社四季報」といった書籍
でまとめて確認することも可能です。中小企業の場合で
あっても基本情報ですから公開されていることが多い項目
です。しっかりチェックして企業を見る目を養いましょう。


●情報公開に積極的な企業は一般に信用性が高い。

上場企業の場合は一定の決算情報の公開が義務付けられて
おりますから、上述の企業業績をある程度まで掘り下げて
把握可能です。

しかしながら今はインターネットが普及し、直接個人が
さまざまな情報を入手するようになったために、これを
積極活用する目的で情報の発信に意欲的な企業が増えた
ことは申し上げるまでもないですね。

この情報公開、実は企業にとってはかなり大変なことです。
なぜなら、情報をチェックしているのは企業の外部の人
ばかりではないからです。

では誰がチェックするのか。それは社内の人間です。

外部に発信している情報と実態が掛け離れていることで
内部告発に至ったケース(偽装事件など)があることは
改めて取り上げるまでもないと思います。

従って、情報を積極的に公開している企業というのは
社内の改革を進め、常に切磋琢磨している企業だと
捉えることができます(時に例外もありますが)。

つまりそういった企業は社内が活性化している可能性
が高く、魅力的な職場を形成している可能性も高いと
思われるのです。

事故などの悪い情報含め積極的に公開する企業は一定の
信頼を置ける、良識的な企業と判断できるのではないで
しょうか。

そんな視点も交え、企業の情報発信(その結果の報道)
を見ていただきたいと思います。


今回はここまでです。企業の「表の顔」の見方を2点
紹介しましたが、いかがですか。

次回は残る3つのポイント(賃金等の待遇/福利厚生
等の充実度/マスコミの評価)について書きたいと思い
ます。

※企業の絞込み方法については、「相手を知る」を一通り
 説明した後、紹介します。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎以下の「ワンクリック」の協力をお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

さとうさかえ

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。