スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「てにをは」が文意を左右する(その2) 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●「てにをは」が文意を左右する(その2)。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

「文章の書き方・文法編」も7回目に突入です。今回は
前回に続き、「てにをは(助詞)」活用についてです。


■前回記載の「『てにをは』が文意を左右する(その1)」
 をご覧になりたい方は、左のカレンダーから10/20
 をクリックしてください。


●余談です「が」・・・。

前回号にて文意を左右する「てにをは(助詞)」は扱いが
重要である一方、使いこなしの難易度は高いことを記し
ました。

「は」を例に挙げ、具体的に説明させていただいたと思い
ます。

その際に「は」と同様に難しいのが「が」であることも
お伝えしていたかと思います。今回はその「が」について
書きたいと思います。

最初に例文です。

彼は既に50社以上受験しているが、未だ内定を得られない。

この場合の「受験しているが」は「受験したけれども」とか
「受験したにも関わらず」という意味ですね。いわゆる
逆接の接続助詞です。

ところがこの「が」、逆接だけに使われる訳ではないため、
分かりにくい文章を作り出す犯人になることがあります。

貴方は会話の途中などで「余談ですが」という言葉を
使われることがありませんか。

この「が」は「けれども」とは言い替えられても、「にも
関わらず」とか「しかし」のような明確な逆接ではありま
せん。

「反対」でもなく、「因果関係」でもなく、「そして」程度
のただ2つの句をつなぐだけの使い方です。

同じような使い方の例をもう一つ挙げます。

「彼は簿記試験に向け大いに勉強したが、不合格だった」
とも書けるし、「合格だった」とも(文法的には)書けて
しまいます。

従って「が」を多用することで文章をつなげやすくなり、
それなりに滑らかな文章ができあがることになります。


●読み手を不安に陥れる可能性を持つ、「が」。

「それならば問題ないのでは」といった声が聞こえそう
ですね。

ところが問題があるのです。10/6号で「つなぎ言葉」
の重要性をお伝えしました。接続詞などの「つなぎ言葉」
を上手に文章に取り込むことで読み手に安心感を提供
しましょう、というのがその主旨でした。

■10/6号をご覧になりたい方は、左のカレンダー
 から当該日をクリックしてください。


この「が」にも同じようなことが起きます。「が」が登場
すると読み手は逆接の「が」かな、と瞬間、思います。
しかし上述のように「そして」的に使われる「が」もあり
読み手からすると答えは先へ進まねば分かりません。

これって安心感とは逆の「不安感の醸成」になりませんか。

貴方を理解してもらうために綴った文書で読み手(採用
担当者)が不安感を持つ、それって良いことでしょうか。
できることなら控えたいですよね。


●接続の「が」を多用しない。

ではどうすれば良いか。文章の書き手としては大変便利
な「が」ですが、ここはぐっと我慢して使用をできるだけ
控えましょう。

使用減のための対処方法としては次の2つが主なものです。
もちろん、「余談ですが」のように接続の「が」であっても
誤解を招く可能性の少ない場合は「よし」とします。

1)「が」の箇所で文章を切る。
2)別の語句に置き換える。

例文を挙げてみます。

昨年から続く不況の影響により就職活動は厳しさを
増していると聞くが、娘が目指す外資系企業は採用に
意欲的であり、親としてはある程度楽観的に構えて
いるのだが、不安がない訳では無い。

接続の「が」が2箇所で使われております。これを
加工してみましょう

まず1)の文章を切るパターンで変更してみます。

昨年から続く不況の影響により就職活動は厳しさを
増していると聞く。一方で娘が目指す外資系企業は
採用に意欲的であり、親としてはある程度楽観的に
構えている。もちろん、不安がない訳では無い。

最初の「が」については、「聞く」と言い切りの形に
し、続く文に「一方で」とそれまでとは違うトーンへ
の変化を暗示する語を付けました。

2番目の「が」も「構えている」と言い切り型に変え、
「もちろん」という副詞を付けてつなぎを若干滑らか
にしております。

続いて2)の別の語への置き換えパターンで加工して
みましょう。

昨年から続く不況の影響により就職活動は厳しさを
増していると聞いているが、しかしながら娘が目指す
外資系企業は採用に意欲的であり、不安を抱えながら
も、親としてはある程度楽観的に構えている。

最初の「が」はそのまま残しておりますが、「しかし
ながら」と続けることで、文の流れが変わることを
示しました。

続く「が」については、文章の構成を変えることで
無くしました。具体的には「不安がない訳では無い」
という二重否定を、「不安を抱えながらも」という
肯定の形に言い替え、場所も文末から文中に移動させ
ています。

いかがでしょうか。

文章作りに100%の正解はありません。上記加工も
例の一つであり、1)と2)の考えを適宜組み合わせ
ながら、不安感を抱かせないような文章作りができれば
それで十分だと思います。


●学習のチャンスが日常に氾濫・・・。

色々な文章を読んでいて、「が」の使い方が変だな、と
感じたら学習のチャンス。どうしたらよいか、その場
で是非貴方の答えを考えてみてください。

地味に聞こえるかもしれませんが、こういった繰り返し
が「文章の達人」への唯一の道だとさとうは思います。

本日はここまでです。次回は「てにをは」の一歩踏み
込んだ使い方について記したいと思います。再びお付き
合いください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

さとうさかえ

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。