スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能な限り具体的に記す 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●可能な限り具体的に記す。

「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

前回はスキップしましたが、元に戻り「文章の書き方:
内容編」の続きです。第4回目に突入です。

■第1~3回をご覧になりたい方は、左のカレンダーから
 9/11~18をクリックしてください。


●魚の大きさや如何に・・・。

まずは釣りから帰ってきた少年とお母さん会話をご覧
いただきましょう。最初にA少年とお母さんです。

母:「何か釣れたの。」
A:「大きな魚が掛かったけど、逃げられちゃったよ。」
母:「そう、それは残念だったわね。他には何か釣れな
   かったの。」
A:「小さいのが何匹か釣れたけど、晩のおかずにはなり
   そうもなかったから逃がしちゃった。」
母:「そう、それじゃ次回に期待してるわ。」

どうでしょう。普段何気なく交わされそうな会話ですね。

ところで貴方は上の会話でどの程度掛かった魚の大きさ
をイメージできましたか。


今度はB少年とお母さんの会話を見てみましょう。上記
同様、少年が釣りから帰った後の会話です。

母:「何か釣れたの。」
B:「帰り間際に大きな魚が掛かってね。竿が折れそうな
   ぐらいにしなったんだ。でも頑張って何とか海面
   まで引き上げたんだよ。40cmぐらいはあった
   と思うな。そのまま引き上げたら糸が切れちゃう
   と思って網をつかんだ瞬間、逃げられちゃった。
   もの凄く悔しいよ。」
母:「そう、それは残念だったわね。それにしても40cm
   とは凄いわ。お母さんも見てみたかったな。他には
   何か釣れなかったの。」
B:「僕の人差し指ぐらいの大きさの魚が何匹か釣れたけど
   晩のおかずにはなりそうもなかったから逃がし
   ちゃった。」
母:「そう、確かにその大きさだと一人分のおかずにもなり
   そうにないわね。それじゃ次回に期待してるわ。」


A少年と比べてB少年の会話はいかがですか。逃げた魚、
そして放した魚がどの程度の大きさだったのか、具体的
に伝わったのはどちらの親子でしょうか。後者の方が臨場
感含め、状況がより的確につかめたのではありませんか。

「竿が折れそうな」とか「40cmぐらい」とか、「網を
つかんだ瞬間、逃げられちゃった」など、その場にはいな
かったお母さんにも情景が十分にイメージできたことと
思います。

結果、「お母さんも見てみたかったな」といったような
具体的な会話につながるのですね。


●具体的な記載が内容に現実感をもたらす。

物事は抽象化すべき場合と具体化すべき場合があります
が、就活書類で重要になるのは具体化です。

なぜなら、就活書類の目的は貴方そのものを知らせる
ことだからです。どういった過去を生き、今をどのよう
に過ごし、そして未来をどのように考えているのか、
それを採用担当者に伝えるために書類を提出する訳です
から抽象的であってはその目的を十分に果たせません。

つまり、抽象的表現では「貴方」の人となりが理解され
ないということです。

説得力を高めるためには、限られたスペースに分かり
やすい具体的なキーワードを盛り込むことが必須、と
なってくるのです。


●具体的に記すために意識すべき3つのポイント。

「それは分かっているけど、でもスペースの制約から余り
事細かにも書けないし、どうすれば良いんだ」という声が
聞こえてきそうですね。

具体化のためには次の3つを意識して欲しいと思います。

1)数字(或いは相当の単語)で示す。
2)固有名詞を使う。
3)相手がイメージしやすいような形に置き換える。

それぞれ簡単に説明します。


1)数字(或いは相当の単語)で示す。

製品カタログで「世界初」「本邦初」「業界トップクラス」
などの言葉を見かけますよね。これは誰もがその製品の
相対的な位置付けを認識しやすいからですね。

「初」というのは「一番」ということですし、「トップ
クラス」というのも「一番近辺」ということです。つまり
その製品の位置付けを数字で示している訳ですね。

就活書類においても、「大会上位進出」と書くより、「地区
大会3位入賞」と書く方が相手は理解しやすくなります。

或いは「アルバイト先のリーダーとして努力」とするより
「アルバイト8人を束ねるリーダーとして奮闘」とした
方が具体的ですね。

どういった数字を使うかで相手へのインパクトは変わり
ますが、数字自体には相手の想像が入り込む余地が少ない
ため、読み手の理解度がアップしやすいのです。

数字で示すことを是非意識していただきたいと思います。


2)固有名詞を使う。

このようなことがないでしょうか。旅行先で知り合った
人と会話をしていたら以前に同じ地域に住んでいたこと
が分かり、急に親近感を覚えるといった経験です。

これは地域という固有名詞が2人の間の距離を埋めた訳
ですね。例えば東京の港区といったら全国広しといえど
一箇所に限られます。

このように知っている固有名詞はお互いの情報ギャップ
を埋める格好のツールになり得ます。これを使わない手
はありません。

そうはいっても採用担当者も知っている固有名詞を調べる
ことはできませんね。ではどうするか。

抽象的な表現を可能な限り相手が想像できるであろう
固有名詞に(部分的にでも)置き換えてみましょう。

例えば「芸術展入賞」という実績を持っているのならば
「2年に一度東京都主催で実施される芸術展に入賞」と
した方が、仮にその賞を全く知らない人であっても、何
となく価値を理解できそうだと思いませんか。

また、例えば自転車が趣味の人が日本全国を走り回った
のなら「この3年間に全国全ての県庁所在地を自転車で
訪ね、走行距離が1万Kmに及び」と記した方が、その
大変さが相手に伝わりやすいのではありませんか。

将来の目標を掲げる場合も固有名詞を使い、できるだけ
具体的に書くことで相手の興味は高まりやすくなります。

記述の際は適宜「固有名詞」を盛り込んで、採用担当者
との距離感(認識ギャップ)を縮めましょう。それが
場合によっては親近感の醸成につながる可能性もある訳
ですから。


3)相手がイメージしやすいような形に置き換える。

3つ目は数値化や固有名詞の使用が難しい場合の具体化
手法です。こういった時は相手がイメージしやすいような
形で示しましょう。

例え3年間茶道で精神を鍛錬したとしましょう。その道
の資格を取得していれば別ですが、そこまで行っていない
とすれば、何と訴求すればよいのでしょうか。「3年間努力」
ではインパクトは強くありません。

例えばその流派の教えがとても厳しいものだったとした
ならば、「入会者の1/3がその厳しさに一年と持たずに
退会していくなか、入会以来2年間皆勤を通す」といえば
その意志の強さが伝わると思いませんか。

貴方が取り組んだこと、取り組もうとすることを相手が
イメージしやすいように具体的な例を織り交ぜて説明する
ことで読み手の理解が深まるのです。

内容を身近な例に置き換えるなど、是非色々と工夫してみて
いただきたいと思います。


●採用担当者は「何も知らない人」と考える。

貴方を理解してもらうための各種就活書類において、一番
の課題とは何だと思いますか。

一番多い採用担当者と就活生の認識ギャップ、それは
「このくらいのこと(採用担当者)は当然に知っている
だろう」という就活生側の思い(込み)です。

採用担当者は社会人ですから、或る程度の知識は広く
持っているでしょう。しかしながら人事マンとて所詮
人の子、持っている情報には限りがあります。

詳しい分野がある一方で、基礎的な情報すらあまり
持ち合わせていない分野も多々あるのです。

ですから、文章作成の際には「採用担当者は何も知ら
ない人」という前提で文字に置き換えていくのが無難
です。

そういった発想をしていく限り、貴方と採用担当者の間
に情報ギャップが生じる可能性はかなり抑制できるはず。

上記手法も駆使し、可能な限り具体的に内容を記して、
貴方の人となりを最大限に採用担当者に訴求していただ
きたいと思います。

貴方の文章が「伝わる文章」になるようファイトです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

さとうさかえ

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。