スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞テクニックを駆使する 『就活3分講座』

こんにちは。自称就活アドバイザーのさとうさかえです。

◎「お前は誰だ」という方は、5/31号をご覧下さい。


◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。


◆◇◆◇◆◇◆ 今日のテーマ ◆◇◆◇◆◇◆

●新聞テクニックを駆使する。


「就活3分講座」をお読みいただき、ありがとうございます。

前回は「文章を書く際は、言葉の意味を意識して使う」
ということについて、いくつかの例を挙げながら説明
しました。

■前回分をご覧になりたい方は、8/10記載分を確認
 ください。

今回から、具体的な文章作成の際の留意点説明に
入っていきたいと思います。

まずは数回に渡り「見せ方」におけるポイントを記し、
その後、「具体的な文章の書き方」について記載したい
と思います。


●文章も「見た目」が肝心。

「ぼろは着てても心は錦」という歌詞があります。
確かに「人は見た目で判断してはいけない」と言い
ますね。

これは多くの場合、人が見た目で判断されることから、
それを戒める意味の言葉だということはお気付きだと
思います。

彼氏や彼女は、できれば美男子や美女が良いですよね。
最終的には中身で判断されますが、第一印象(見た目)
も重要だということでしょう。

文章も一緒です。パッと見た時に「読んでみるか」と
相手(採用担当者)に思わせられるか否かがその後の
結果に大きな差を生みます。

考えてみてください。採用担当者は毎日短時間で何十
何百の数の応募書類を確認し、合否の判断をくだして
いかなければならないのです。

その際、見た目が整っていれば、それだけでアドバン
テージになると思いませんか。

念のために申し上げますが、ここで言う「見た目」とは
全体の構成のことであって、字の綺麗さを指している
訳ではもちろんありません。


●新聞テクニックを駆使する。

その点で最も参考になるのが新聞や雑誌です。ただ、
雑誌の場合、見出し一つが売上を左右するため、若干
センセーショナルな書き方に偏る嫌いがあります。

そういったことから就活における文章作成の最も適切
なお手本となるのが新聞記事ではないかと思っており
ます。

そこで今回は、具体的な記事を例に挙げながら、その
ポイントを3つ紹介したいと思います。


●〔その1〕文字の大・中・小を使い分ける。

企業に提出する書類は全て同じ文字サイズで書かな
ければならないと思っている方もいるようですが、
そのような決まりはありません。

採用担当者に貴方の思いを伝えることが各種書類の
第一目的ですから、その目的を達するための工夫は
大いにすべきです。


●最も言いたいことを見出しの形で抜き出す。

さて、ここに今年(2009年)6月16日の読売
新聞朝刊(第13版)6面の記事があります。就活に
関する記事です。

記事の中程に一番大きな字で「世界同時『就職氷河期』」
と書いてあります。

続いて少し小さな文字で「大学は出たけれど・・・」
という文字と「各国政府が支援に本腰」という文字
が記されております。

そして更に一段小さい見出し文字として次の三文が
記されております。
「『公的資金を!』 米国」。
「求人が激減 英国」。
「『農村幹部に』 中国」。

記事自体はB4用紙一枚ほどの分量があるかなり大きな
ものですが、上記の見出しだけで既に貴方は記載されて
いるだいたいの内容をつかんだのではないでしょうか。

この「見出し」、読み手としてはとても助かりませんか。


●詳細を記す場合も長くなる時は冒頭に概要を書く。

もう少し記事を引用してみましょう。書き出しにはこう
あります。

「欧米やアジアなどの大学は5~6月の卒業シーズンを
迎えているが、今年は世界不況の影響で、大学を出ても
職がない状況が深刻化している。就職難の学生を救う
ため各国は知恵を絞っているが、企業は人員削減の動き
を強めており、『世界就職氷河期』の出口は見えない」。

この後に国別の詳細説明が続いています。

いかがですか。こういった文章構成。


●概要(ポイント)→詳細という流れが重要。

このような大枠から詳細へという文章展開は、読み手と
してはとても流れを把握しやすいですし、結果、理解度
が高まる訳です。

(以下URLからWEB版がご覧いただけます)
http://job.yomiuri.co.jp/news/ne_09061605.htm


●貴方の一番の主張を一語にまとめる訓練を。

申し上げましたようにこれは比較的大きな記事ですが、
一番大きな見出し一言でこの記事が何について言おうと
しているのかが分かってしまいます。

就職の厳しさは日本だけではないということを「世界
同時『就職氷河期』」という言葉で新聞読者に端的に
伝えているのです。

そしてそれを説明(補完)する形で少し小さな文字の
見出しが、更に一回り小さな見出しで各論のポイントが
記されている訳です。

余談ですが、新聞の斜め読みが出来るのはこの見出し
のお陰ですよね。

貴方が文章を書く際も、このテクニックを是非駆使して
いただきたいと思います。

そのためには「一番に言いたいことが何であるか」を
明確にしておく必要があります。


●文章の第一印象アップで採用担当者を惹き付ける。

文章を書く際は、いきなり長い文章を書くのではなく、
まずは一番言いたいことを見出しの形で少し大きな文字
を使って記し、その次の行に見出しよりは少し小さな
文字で詳細説明、という形にしてみてください。

こうすれば見た目にとてもすっきりした文面になり、
採用担当者の第一印象は確実に向上しますから。

もちろん、新聞のようにサブ見出しを付けるのも良いと
思います。繰り返しますが、採用担当者に「読みやすい」
と思わせることで理解度がアップし、書類選考通過に
大きく貢献する可能性大となるのです。

貴方が書いた書類を読んでもらわなければそもそも話が
始まらないですよね。見た目アップで採用担当者を魅了
してしまいましょう(笑)。


●〔その2〕空間を活用する。

新聞テクニックの2つ目は、空間の有効活用です。

時々、上から下まで文字で一杯の書類を見かけます。

書きたいことがたくさんあるのでしょうが、穿った
見方をすれば「言いたいことが整理できていないのでは
ないか」とも取れます。

文字だらけの文章はそれだけで圧迫感を相手に与える
ものです。

新聞を見てください。記事間には空間が設けてあります。
この空間があることで記事の境目が分かりますし、圧迫
感を軽減してくれます。

文章を書く際は、この空間の活用という点を意識して
いただきたいと思います。

例えば3つのポイントを書くとしたら、以下のように
敢えて途中に空白行を設け、文章の切れ目(始まりと
終わり)を明らかにするのが良いと思います。

〔以下、空白行=空間を確保した書き方の例〕
1)○○○(見出し語)。
  ・○○○(説明)。
(空白行)
2)○○○(見出し語)。
  ・○○○(説明)。
(空白行)
3)○○○(見出し語)。
  ・○○○(説明)。

上記のようであれば、文字が続く文面に比べ、同じ
内容なら相手(採用担当者)の理解度は間違いなく
増すと思います。

空間活用、是非意識していただきたいポイントです。


●〔その3〕誰もが分かる内容に。

新聞は色々な立場の人が読みます。従って専門用語の
羅列になると理解できない人が多数出てしまいます。

例えば上述の記事には、以下のような(  )書きが
付いた箇所があります。

「5000万シンガポールドル(約34億円)」。
「初任給が2000元(約3万円)」。

これは専門用語ではありませんが、円換算することで
記事を理解しやすくする工夫を凝らしている例です。

貴方が学んだ内容を説明する場合など、貴方が普段何気
なく使っている用語であっても、それが一般用語では
ない場合も多くあるはずです。

文章を書く際は、その言葉が相手(貴方のことを全く
知らない採用担当者)も十分に理解できる用語か
どうかを十分に考え、難しいと思われる場合は平易な
言葉に置き換えるか、或いは「注」を付けるなどの
気配りがあると文章の意図が伝わりやすくなると思い
ます。

「それは分かったけど、ではどの程度の専門用語まで
が許容されるのか」という声が聞こえてきそうですね。

基準は「中学3年生でも難なく理解できるか否か」だと
思えば間違いありません。

つまり義務教育を受けていれば理解できる文章(内容)
にするということです。そこまで意識して文章を構成
すれば、少なくとも「内容がよく分からない」という
採用担当者の嘆きにはならないと思いますので。


●文章(貴方自身)が理解されるように最大の努力を。

貴方の思っていることを文章できちんと伝えられなければ
例え貴方がどれ程の秘めたる実力を備えていたとしても
書類選考で落とされてしまうはずです。

会社に入れば、書類(メール含め)でのやり取りがとても
多くなります。

その訓練という意も含め、今から「自分の思いを文字を
使って的確に伝える文章スキル」を充分に磨いていただき
たいと思います。

陰ながら、さとうさかえも応援させていただきます。
ファイトです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
人気ブログランキング

●本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
 よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変勉強になりました。
ありがとうございました。

ありがとうございます

ご覧になっていただいた貴方へ

少しでもご参考になったなら幸いです。

コメントまで残していただき、ありがとうございました。

■さとうさかえ
仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

さとうさかえ

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。