スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリーシートの書き方(その1) 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ エントリーシートの書き方(その1)


●エントリーシートはどのように書くべきか。

前回まで3回に渡り、就活マナー番外編をお届けしました。
マナー編に掲げた内容は面接などの際も重要です。飛ばし
読みされた方、或いはマナー編の途中から本メルマガを
ご覧いただいている方は是非通しで一読いただきたいですね。

――――――――――――――――――――――――――
◎就活マナー編第1回「名乗るべし」は以下バックナンバー
 から確認ください。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20091215.html
――――――――――――――――――――――――――

さて、本日及び次回ですが、最近質問が増えたエントリー
シート(以下ES)の書き方について記そうと思います。



●ESでは貴方の考え(方向性)を語るべし。

ESの役割については8/6号で触れております。『貴方』
の思考(指向)を明らかにする資料と捉えればよろしいと
思います。

――――――――――――――――――――――――――
◎8/6号の記載をご覧になる方は、以下バックナンバー
 の「3)エントリーシート」部分を確認ください。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090806.html
――――――――――――――――――――――――――

もしかして「それは分かっているけど具体的にどう書いて
良いかが分からないんだよね」と思われましたか。

ESに関して最近いただく質問を分類すると大きく2つ。
1)何を書いて良いか分からない。
2)どのように書いて良いか分からない。

つまり「ネタ」と「味付け(料理法)」についての質問に
大別されます。

何れか、或いは両方に不安があるなら今日と次回の記載、
参考になると思います。

ESの質問の意図をしっかり捉え、採用担当者の心を
つかまえようではありませんか。

そもそも全体をどのような構成とすべきか、或いはどの
ような記述上の留意点があるかなど、「文章の書き方」
自体に不安を感ずる方は、骨太かつ懇切丁寧(笑)な
佐藤レポートをご一読ください(下記リンクよりダウン
ロード可能)。

本メルマガをご覧のアドレスにてダウンロードしていた
だければ、佐藤のメルマガが重複して届いたり、或いは
他の方のメルマガ(協賛メルマガと呼ばれます)が配信
されることもありませんので、安心してご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――
◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-
――――――――――――――――――――――――――



●どういった内容(ネタ)を書くべきか。

既に経験されていると思いますが、ESにおける質問の
形はさまざまです。学生時代に取り組んだこと、今後の
人生で力を入れたいこと、入社したら担ってみたいこと
など、挙げたらきりがありません。

しかし見かけ(質問内容)がどのような形であろうとも、
書くべき内容(ネタ)は一緒で構わないのです。どんな
質問に対しても、です。

「えっ?」と思われたかもしれません。でもそれが真実。

では「何(どのようなネタ)を書くか」。それは貴方が
これ迄生きてきた中で一番『情熱』を込めて取り組んだ
こと。強いて言えば幼少の頃の話よりも直近数年の話題
が好ましいでしょう。

従って、分野は問いません。勉学やゼミに関わることは
もちろん、部活(サークル)やアルバイト、或いは趣味
に関する内容でも構いません。とにかく貴方が『情熱』
を傾けたことをネタにすれば良いのです。

情熱を傾けるということは普通の人が一般に想像する
レベルを超えた部分があるということ。そこがポイント
です。

貴方の話を読んだ第三者(採用担当者)が、「へ~」と
思える取り組みがその中にあれば良いのです。

胸に手を当てて過去を振り返ってみましょう。「へ~」
と第三者を唸らせるようなネタ、思いつきましたか。
それをESに書いてください。

「ちょっと待った。過去の取り組みを問われたらそれで
良いけど、未来を問う質問、例えば入社したら何をしたい
かといった質問の場合はどうするのかな」とまたまた
疑問が湧いたかもしれません。

繰り返しますが、「どのような設問においても『情熱』を
傾けたことを書くのが基本」です。

しかしながら書き方の工夫はもちろん必要。『情熱』を
傾けた事柄というのは料理で言えば素材に過ぎません。

一流の料理人は一つの素材をベースに、季節に応じた
副菜を活用し、更にさまざまな料理法を取り入れること
で多彩なメニューに仕上げていきます。

例えば「松茸コース」などの特定素材を使ったメニュー
を思い浮かべていただければ分かりやすいでしょうか。
どの料理にも同じ松茸を使っていながら、飽きさせない
ようさまざまな工夫を施しますね。

従って、ESの質問内容に応じ『情熱』という素材を
加工していく必要があります。



●どのように味付け(加工)するか。

さて、それでは具体的にどのように『情熱』を料理
(味付け)すれば良いでしょうか。

この応えもシンプルです。過去の頑張りを記載するなら、
取り組みをそのまま書けば良いでしょう。今後の人生で
力を注ぎたいことを書け、という問いならば、その
『情熱』の延長上の話を書けば話がつながります。
「入社したら取り組みたい仕事」という質問に対しては、
その『情熱』に関連付け、「従って私の強みを活かして、
こういうことにチャレンジしていきたい」と
ひも付ければ良いのです。

どうです、決して難しくないのではありませんか。なぜ
なら貴方の経験(実績)がベースですから。

貴方の『情熱』ネタを一つ決め、後は受験する会社の
質問形式に応じ若干味付け(見せ方)を変えていく、
という方式で異なる各社ESに対処すれば良いのだ、
と捉えてください。

こうしておくと、面接の際にどこの会社に行っても
ベースとなる情報が変わりませんから、貴方自身も楽に
なるのではありませんか。



●自己分析がES記入の大前提なり。

いかがでしょうか。ES、それ程難しく考える必要の
ないことがお分かりいただけましたでしょうか。

「これまで特に何かに努力することなく過ごして
きたからな~」と思う方がいるかもしれません。

でもきっと貴方のこれ迄の人生を振り返れば、何らか
の真剣な取り組みがあったと思います。

何でも良いんです、そこに貴方なりの『情熱』が
あれば。早速、記憶をたぐってください。

「過去の振り返り方が良く分からない」と言う方、急ぎ
以下の佐藤レポートをダウンロードの上、速読(笑)
してください。詳しい過去の振り返り方が書いてあります。

――――――――――――――――――――――――――
◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-
――――――――――――――――――――――――――

きっと『情熱』に関するヒントが見えてくると思います
から。

次回はもう少し具体的な書き方(実際の味付け方法)の
ポイントを記したいと思います。




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 反ってしまいました、なのでスペシャルサービス!


●佐藤企画、実現に至らず。

だいぶ引っ張った「お薦めの一品」新企画、こけちゃい
ました(苦笑)。

濃いノウハウの就活情報があったのです。中身は申し分
ないのですが、学生さんにお薦めするには少しお値段が
高いかと(勝手に想像)。

そこで作者さんに或る企画を持ちかけました。無茶は
承知でしたが、やはり壁が厚かった。

ということで今回は見事に撃沈。懲りずに別の企画を
検討したいと思いますので、次をお楽しみに・・・。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 現在、探索中・・・


●次の書籍紹介まで暫しお時間を。

前回ご紹介書籍、手にしていただけましたでしょうか。
メール上では書名を明かしませんでした。答えは以下を。
http://zz.tc/yukichi

次なる書籍を現在物色中です。暫しお待ちください。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

さとうさかえ

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。