スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接のポイント(後編) 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。
人気ブログランキング

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



東日本巨大地震発生から一週間以上経ちますが、未だ
被害の全容さえ明らかになりませんね。それだけの
大災害であったことを今更ながら改めて感じます。

被災されました方には心よりお見舞い申しあげますと
ともに一日も早く元の生活に戻られますことを祈って
おります。

そんな中、採用試験延期などの話も挙がり始め、就活
中の当事者にとっては不安一杯という環境にあるかも
しれませんが、今は情報収集に努め、できることから
取り組んでいくしかありませんよね。

貴方の頭上に栄冠が輝くことを信じてファイトです!

そんな気持ちを込め、今回も連載中の「Nさんの就活
体験記」をお届けします。

――――――――――――――――――――――――――
◎過去の連載を見逃した、という方はバックナンバーを
 確認ください。

◎(第1回)Nさんの就活体験記大公開
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110131.html

◎(第2回)就活成功のポイント
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110208.html

◎(第3回)自己分析
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110215.html

◎(第4回)OB・OG訪問
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110224.html

◎(第5回)面接のポイント(前編)
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110310.html
――――――――――――――――――――――――――

第6回となる今回は「面接のポイント(後編)」です。
早速、ご覧ください。

以下、Nさんのレターをそのまま転載します。



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ 面接のポイント・後編(Nさん活動記その6)


このたびの東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に
心からお見舞い申し上げます。この先の皆さまの安全と
健康、そして被災地の1日も早い復興をお祈り申しあげます。

●面接のポイントを紹介

こんにちは。法政大学のNです。

色々なシーンで地震の影響が出ておりますが、一方で採用
活動も徐々に本格化しつつありますね。就活継続が可能な
方は「与えられた環境の中で最善を目指す」という視点で
着実に前進して行って欲しいと思います。

そういった思いを込め、前回に続き、面接で上手くいった
点を紹介したいと思います。今回は“トーク以外の面接
ポイント”です。

※前回は“上手なトークポイント”を紹介させて頂きました。

――――――――――――――――――――――――――
◎“上手なトークポイント”を紹介した前回の「面接の
 ポイント(前編)」をご覧になる方はバックナンバーを
 確認ください。

http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110310.html
――――――――――――――――――――――――――



●トーク以外の面接ポイント
-感謝の気持ちを持って臨む-

内容に入る前に、少し私の「思い」を語らせてください。

実は私には面接において、常々思い続けてきた事があり
ます。それは、採用で関わりのある企業の方々に対し、
もっと感謝の気持ちを持つ必要があるのではないかと
いう事です。

企業は、選考に多くのお金・人・時間を費やし、採用
活動をしていると思います。そのようなことから、
感謝の気持ちを持って面接に臨むということを私は
意識しておりました。 

それがプラスに働くのか、さらには、この考え自体が
正しいのか、当時ははっきり解りませんでした。

就活本などにもこのような記載は見た事がありません。
もしかしたら就活において世間では重要視されていない
不必要な部分なのかもしれない、と思ったこともあります。

しかしながら就活を終え、間もなく実際に社会に出る
今はこの考えが正しかったのではないかと感じています。

そもそも何故、私がこのような考えに至ったのか。
きっかけは自己分析でした。

自分史を紐解く中で、周りの人に感謝する気持ちが
大切だという思いが日を増す毎に強くなっていった
のです。

特に大学の部活動に捧げた日々を振り返れば、両親に
陰から支えてもらい、監督やコーチ・そして部員から
多くを学び得たからこそ自分は成長出来たのではないか
と思っています。そのような経験が周りの方に感謝する
大切さを私に学ばせたのです。

それ故、私は面接の時に感謝の気持ちを持って臨もう
と考えるようになりました。発言する際や、この後
紹介する入退室時の挨拶などは、特にこの気持ちを
持つように心掛け、相手にそれが伝わるように行動
しました。

就活を進めていく中で、「どうして良いか分からない」
ということが出てくるかもしれません。その際はこの
「感謝の気持ちを伝えるにはどうすべきか」という
発想をヒントに対処していただくと良いのでは、と
思います。「思い」はきっと伝わるはずですから・・・。

少し熱く語りすぎてしまったでしょうか。

そんな「感謝の気持ち」を前提に、少しテクニック
的なことを紹介させてください。



●入退室は、大きな声で元気よく挨拶する

第一印象はとても大切とよく耳にします。印象の大半
は出会って数秒で決まってしまうとも言われています。

私は第一印象=挨拶と考えていましたから、挨拶を
とても大事にしていました。行っていた事は至って
簡単。

扉をノックしてドアを開けたら、大きな声で元気よく
面接官の方の目を見て「失礼します!」と言うだけ
です(退室時も同じく)。

“元気のある奴が来たなぁ”と思われる挨拶を心掛け
ていました。



●集団面接の時は他の学生の話にも耳を傾ける

学生A・B・Cさんが集団面接に臨んだ場合を例に
取り説明します。

「Aさんから順に自己PRをお願いします。」と面接官
に言われ、Aさんが発言している時の対照的なBさん、
Cさんに注目してみましょう。

Bさん:自分の自己PRの構成を必死に考えるあまり
    下を向いてしまって、Aさんの話を明らかに
    聞いていない。

Cさん:自分の自己PRも頭の中で考えながら、Aさん
    の話に耳を傾けている。時には頷いたりリアク
    ションもしている。

貴方が面接官であるなら、対照的な2人の態度にどの
ような印象を受けますか?

私ならBさんに対して、あまり良い印象を持ちません。

組織には人と人とのコミュニケーションが不可欠。
Bさんの様な態度は、私には人の話を聞けない人物と
映ります。

だからといって他の学生の話に聞き入ってしまい、
自分の発言が上手くいかないようでは本末転倒ですね。

私の場合は“もしAさんの言った事に対して、貴方は
どう思いますか?と突然面接官に振られたとしても
困らないくらいに耳を傾ける”よう意識していました。



●場慣れも必要

面接のポイントについて何点か紹介して参りましたが、
頭で分かっていても行動に移せるかどうは別物。
“場慣れ”も必要だと思います。

先日、就職説明会に内定者として参加した際、学生から
「面接で緊張せずに受け答えするにはどうすれば良いか」
という質問をされました。

はっきり言って、私もそんな方法があれば教えて頂き
たいくらい緊張してしまう人間です。しかし、何も
対策していなかった訳ではありません。

私が行っていたのは、友人を面接官に見立て、いわゆる
模擬面接をすること。

その際に出来るだけ本番に近いシチュエーション
(ドアのノックから始める・向かい合って座るなど)に
したり、自分自身を本番さながらの気持ちに高揚させ
緊張させるといった工夫をしていました。

早めに面接が行われる企業の選考を模擬的に受ける
のも良いかもしれません(私の場合は時間がなく
出来なかったのですが)。

緊張の一番の要因は不安心理。しっかり事前練習して、
少しでも自信を付けて臨んでみてはいかがでしょうか。


さて、面接のポイントについて2回に渡り紹介して
参りましたが、いかがだったでしょうか?

これから待ち構える面接に少しでも参考になれば幸い
です。面接官に「この学生と一緒に働きたいな」と
思ってもらえるような対応が出来るよう、頑張って
ください。


震災という要素が加わり、就活生にとって心身共に
辛い時期ですがラストスパートです!!


次回は「就活を終えて思う事、就活生の貴方への
メッセージ」を記したいと考えています。宜しく
お願い致します。


――――――― Nさん執筆、ここまで ―――――――




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 今回も、お休み・・・


暫く、本コーナーはお休みさせていただきます。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 今回も、お休み・・・


こちらのコーナーも暫くお休みさせていただきます。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

面接のポイント(前編) 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。
人気ブログランキング

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



連載中の「Nさんの就活体験記」、いかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――
◎見逃した、という方は、バックナンバーを確認ください。

◎(第1回)Nさんの就活体験記大公開
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110131.html

◎(第2回)就活成功のポイント
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110208.html

◎(第3回)自己分析
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110215.html

◎(第4回)OB・OG訪問
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110224.html
――――――――――――――――――――――――――

今回が第5回目です。今回のテーマは採用合否に最も影響
する「面接」。Nさんが今回も渾身の力を込めて執筆して
くれております。Nさんの体験を是非、貴方の血となり肉
となりにして欲しいと思います(笑)。

以下、Nさんのレターをそのまま転載します。



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ 面接のポイント・前編(Nさん活動記その5)


●面接のポイントを紹介

お久しぶりです。法政大学のNです。そろそろ採用面接
が近づいてきた頃ではないでしょうか?

そこで今回と次回の2回に渡り、面接について私の経験
を基に、上手くいった点を幾つか紹介したいと思います。
今回は、“上手なトークポイント”についてです。

※私の場合、面接準備の前提として自己分析(第3回)
 やOB・OG訪問(第4回)等を通じた企業研究を
 行っていました。なぜなら自己分析が話の軸を作り、
 企業研究も志望理由を深めたり、面接官に強い志望
 意欲を伝える事に繋がると考えていたからです。

 その為、勝手ながら以下では自己分析・企業研究を
 行っている事を前提とした内容とさせていただいて
 おります。

――――――――――――――――――――――――――
◎第3回「自己分析」及び第4回「OB・OG訪問」を
ご覧になる方は以下のバックナンバーを確認ください。

◎(第3回)自己分析
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110215.html

◎(第4回)OB・OG訪問
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110224.html
――――――――――――――――――――――――――



●上手なトークのポイント
-面接の殆どは自己PRと考え、トークに活かす-

ずばり、面接は言葉のキャッチボールだと思います。
事前に練習した成果をそのまま出せるのは、せいぜい
自己PRや志望動機くらいではないでしょうか?

それら以外に何を聞かれるかは、「面接官の数だけある」
と言っても過言では無いと思います。つまり、面接官の
質問に沿うようにその場で考え、話す必要があるのです。

私の考える「様々な質問に答えられるようになる
ポイント」とは、自己分析を踏まえた自分軸を作れて
いるかどうか、ということ。

つまり、自分がどういう人間か(過去・現在)、どう
なっていきたいか(将来)を自らしっかりと把握して
いる事が大切だと思うのです。

しかし、自分自身の事を解っていてもそれを面接官に
しっかり伝わるようにアピール出来なければ意味が
ありませんね。

そこで、私は自己PRを盛り込んだトーク構成を以下
の様に意識しておりました。

例えば、面接官に「貴方は○○についてどう考えます
か?」と尋ねられたとしましょう。

それに対して私の場合、
~私はこういう人間だから、こう考えます。 
~過去にこういう事がありました。そこでどのように
考えた(行動した)からこう思うのです。
という風に、結論を述べた後に自己分析に沿いながら
その根拠を伝えるというトーク構成を心掛けたのです。

こうすることでトークの中に自然と自己PRが含まれる
ようになります。

加えて会社の事業について聞かれる事もあります。それ
に対してはしっかりと企業研究(企業説明会、企業HP
やOB・OG訪問を基に)を行うことで対処できます。

現在の事業について思う事や、将来に会社で成し遂げ
たい目標などを考えておくと意欲を示す意味でも有効
かと思います。



●結論→内容or理由の構成とする

上でも少し触れましたが、私は話を構成する際、頭に
結論を持ってくる事を徹底していました。結論の後に
内容or理由を出来るだけ簡潔に分かりやすく伝える
という順番を意識したのです。

このように私が行っていた訳は、「ダラダラと理由を
述べ、最後に結論を言う話の構成は聞きづらい」と
部活動において自分自身が報告を受ける際に感じて
いたからです。

そこで、自分の喋り方、及び話の構成が解り易いかを
ボイスレコーダーに録音してチェックしていました。

結果、自身の改善すべき点(喋る時の癖など)が
見つかり、さらに高いクオリティーを追求出来たと
感じています。



●身振り手振りを付けて話す

何かを効果的に説明する為に道具(資料等)を用いる
ことがあります。同じ目的で、トークにも必要に応じて
身振り手振りを付けていました。身振り手振りが必要
な時とは、つまり一番伝えたい内容を話す時です。

模範的正しい動作は解りませんが、鏡の前で身振り手振り
を付けながら喋る練習を行い、より効果的な動作を模索
しました。

貴方も一度、鏡の前で自分自身と向き合って話してみて
はいかがでしょう。改善すべき点が解って良いかな、
と思います。



●決め付け喋りはNG

次の2つの文章を読んでみてください。

1)私には誰にも負けない行動力があります。この行動
  力が御社の営業の力になれると思うんです。

2)私には誰にも負けない行動力があります。この行動
  力を御社の営業で活かしていきたいのです。

これを読み、貴方が面接官ならどう感じるでしょう?

私は1)のような言い方をしないように心がけていました。
なぜかといえば、力になれるかどうか判断するのは面接官
だと思ったからです。

1)も2)も伝えたい内容は同じですが、“お役に立ちたい”
“働かせて頂きたい”といったスタンスの方が受け取る側
(面接官)が違和感を持たず、すっと頭に入ると思います。

あくまで企業と学生は、雇う立場と雇われる立場。その
ことを忘れないようにしていました。



さて、今回は面接の留意点の中でも“上手なトークポイント”
について紹介して参りましたが、いかがだったでしょうか?
これから待ち構える面接に少しでも参考になれば幸いです。

貴方の伝えたいことをしっかりと面接官に伝えられるよう、
頑張って下さい!


次回は面接の後編として“トーク以外の面接ポイント”に
ついて、お伝え出来ればと考えています。次回もどうぞ
宜しくお願い致します。


――――――― Nさん執筆、ここまで ―――――――




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 今回も、お休み・・・


暫く、本コーナーはお休みさせていただきます。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 今回も、お休み・・・


こちらのコーナーも暫くお休みさせていただきます。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

OB・OG訪問 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。
人気ブログランキング

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



過去3回配信の「Nさんの就活体験記」、いかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――
◎見逃した、という方は、バックナンバーを確認ください。

◎(第1回)Nさんの就活体験記大公開
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110131.html

◎(第2回)就活成功のポイント
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110208.html

◎(第3回)自己分析
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110215.html
――――――――――――――――――――――――――

第4回となる今回は、志望先を決める際の重要ポイントと
なる「OB・OG訪問」です。隅々まで堪能(?)して
いただきたいと思います。

以下、Nさんのレターをそのまま転載します。



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ OB・OG訪問(Nさん活動記その4)


●貴方がOB・OG訪問にお悩み中なら「必見」!

こんにちは。法政大学のNです。

最近、喫茶店などでOB・OG訪問途中と思われる学生の
姿をよく目にするようになってきました。そのようなこと
から今回はOB・OG訪問について、準備・本番・訪問後
の3場面に分け、経験上、上手くいった点中心に紹介したい
と思います。



●OB・OG訪問を制する事前準備

【訪問者(OB・OG)探し】

OB・OGを探す場合、できるだけ自分に近い存在の方
から当たっていきましょう。なぜかといえば、人には
「身近な人ほど世話をしたくなる」という特徴があるから
です。

そこでまずは自身が所属する部活やサークルの先輩、
その先輩の友人、或いは両親の知り合い等から探って
いきましょう。

それでも居ないという時に初めて大学の就職課を頼るのが
良いと思います。私の場合は幸いなことに一度も就職課
を頼らずに済みました。

加えて志望度の高い企業の場合は会って頂いたOB・OG
からさらに紹介してもらうなど、1企業で2~3人訪問
しました。



【連絡方法】

連絡先を入手したら、まずはメール連絡をとるのが最善
と言えます。

なぜなら社会人はいつ仕事をしているか解らないからです
(接待等含め)。つまりメール以外の手段によるOB・OG
訪問連絡は、場合によっては失礼に繋がりかねないのです。

具体的な日時などを調整するために勤め先に電話する場合、
月曜の朝一を避け、午後一ぐらいに掛けるのが無難。

また、携帯電話に掛ける場合は仕事が終っていると思われ、
かつ遅すぎない19時~21時がお勧めです。或いは休日
の日中が(人によっては休日を完全に仕事を離れたOFF
タイムにしている事もある為、平日がベター)良いでしょう。

私の場合、連絡時には「ここから選考が始まっているのだ」
というぐらいの心構えで細心の注意を払うよう意識して
一報を入れておりました。

メールの際は、就職本に載っているような文面を参考に
すれば十分でしょう。

気を付けなければいけないのは電話連絡です。電話連絡
に関しては臨機応変に対応出来るよう準備しておく必要
があると思います。敬語などの言葉遣いに気を付け、
絶対に失礼のないようにと心がけました。

実際、就活本に載っている電話応答の欄を読み、声に
出して練習してから電話していたくらいです。



【質問事項の整理】

お会い出来る日時が決まったら、本番の質問を整理します。

下記は私がよく聞いていた質問例です。「何を聞けば良いか
解らない」という方は参考にしていただくと良いかと思い
ます。

―― 質問例 ――
雰囲気・社風(社員に共通している特徴的な事)、御社の
良い点・強み、(OB・OGが御社を)志望した理由、
働く前に予想していた事(イメージ)と実際のギャップ、
仕事内容(事前にその会社の業務をHPなどで十分に
調べた上で)、やりがい、(OB・OGが掲げる)現在
或いは将来の目標、働く中で大事にしている事、もう
一度就活のチャンスがあっても御社を望むか ・・・。

実はこれらは自己分析(第3回参照)を通じて、私が
聞きたいと思った項目なのです。

――――――――――――――――――――――――――
◎第3回「自己分析」をご覧になる方は以下のバック
ナンバーを確認ください。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110215.html
――――――――――――――――――――――――――

貴方にも自己分析を通じて解ったことがあると思います。
「自分の求める環境・価値がある会社なのか?」、それ
を把握するためにはどのような質問をすべきか、きちん
と整理しておくのが良いと思います。



【情報収集(企業公開情報のインプット必須)】

企業がHPやパンフレット等で公開している情報は、
事前に調べ、頭に入れておきましょう。

公開情報を聞くのはOB・OGに失礼だと思います
(もちろん、公開情報に関し、踏み込んだ質問をする
のであれば別)。そして何より、そのような質問に
よって貴重な時間を浪費してしまう事が勿体無いと
思えるのです。

ですから私は企業HPにある情報は必ず熟読した上で
訪問に臨んでおりました。



【格好】

就活本に載っている模範的な格好が無難かと思います。
なぜかといえば、そうする事で、“この先、社会人と
して社会の決まり事を守れる人間ですよ”という意思
表示になると思うからです。

さらに、通常面接官は40~50代の方が多数を占め
ます。そういった方の多くは私の経験上、個を前面に
出すような格好を好ましく思わない方が多いと感ずる
のです。

そのよう訳で、そういった年齢層の方々にも好まれ、
清潔感ある一般的な「学生らしい格好」で活動される事
をお勧めします。

私の場合、数年前までサラリーマンであった祖父に就活
時の格好を見てもらい、アドバイスを受けていました。



【キャンセル連絡】

OB・OGとの約束の日に選考が重なってしまう等、
どうしても外せない用事が入ってしまうこともあるか
と思います。

その場合、判明した時点ですぐにキャンセルの旨の連絡、
が必須です。事情を説明し、きちんとお詫びすれば
再設定なども好意的に対応してくれると思います。

連絡が後回しになってしまってドタキャンというのは
社会では御法度(これは、企業説明会などにも言える事)。
礼節を尽くす、で行きたいですね。



●本番 ~貴方の聞きたい点を最大限に引き出すために~

【待ち合わせ】

当日は指定された場所に必ず時間の余裕(最低でも10分
ぐらい)を持って行くようにしておりました。

交通機関等の影響でどうしても遅れる時は、必ず早めの
連絡を(ギリギリで間に合うかもしれない場合も念の
ために一報しておくと安心です)。



【挨拶】

いざ、OB・OGの方がみえたらまずは挨拶。私の場合、
「初めまして、Nです。お忙しい所、貴重な時間を
割いて頂き、ありがとうございます。本日は宜しくお願い
致します」といった感じで挨拶しておりました。

言葉遣いに気を付けつつ、元気よく、相手の目を見て
話すことを基本にしていたのです。

人の印象の大半は、出会って数秒で決まると言われて
います。つまり、冒頭で悪い印象を与えてしまうと、
相手が“たくさん喋ってあげよう”という気持ちになり
にくいのではないか、と思ったのです。



【心遣い】

OB・OGに対しては、訪問全体を通し相手が不快な
思いをせぬように最大限の気遣いをすべきと思います。

例えば私は下記のようなことを意識しておりました。
参考にしてください。

・席は相手が座った後に座る。その時、「失礼します」
 と一言添える。
・飲食店などの場合、店員との対応は自ら行う。自身
 のメニュー選択は迅速に。
・必ず相手の顔を見て話し、会話がスムーズに運ぶよう
 メモは要点のみに。
・時間に制限のある場合、時々質問の合間に「お時間
 大丈夫でしょうか」と一言挟む。


いかがでしょうか?

学生が慣れていないのは仕方がない事です。それは十分
OB・OGも御承知。

しかし、気遣おうとしている努力・姿勢だけでも見せる
べきと私は思います。なぜなら、それを見せるだけで、
相手の貴方に対する印象が随分と変わり、結果として
多くのアドバイスを引き出せると思うのです。

このような行動(挨拶・気遣い)を行う事で、相手に
「喋ってあげたい」と思わせる雰囲気を自ら作りあげる
のがOB・OG訪問成功の最大のポイントではないか
と私は考えています。



●訪問後のお礼も忘れずに

訪問が終わったら、当日に、遅くも翌日にはお礼の
連絡をしましょう(メールが適当)。

メール文面に関しては、就活本に書いてある御礼状の
内容を参考にすれば十分だと思います。また、ご飯など
を御馳走になった場合は、「○○○御馳走様でした。
とても美味しかったです。」といったような一文を添える
と形式的にならずに、より良いのではないかと思います。

さらに、その方と話して手応えがあったり、志望度の
高い企業であるならば、ESの添削を併せてお願いする
のも良いかと思います。



さて、「OB・OG訪問の準備・本番・訪問後」、いかが
だったでしょうか?

貴方の就活の参考になれば幸です。相手(OB・OG)
が気持ちの良い時間を過ごし、貴方自身が最大限の成果
を得られるように頑張ってください。


次回は「面接」について、お伝え出来ればと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


――――――― Nさん執筆、ここまで ―――――――




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 今回も、お休み・・・


暫く、本コーナーはお休みさせていただきます。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 今回も、お休み・・・


こちらのコーナーも暫くお休みさせていただきます。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

自己分析 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。
人気ブログランキング

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



前々回、前回とこれ迄2回配信の「Nさんの就活体験記」、
ご覧いただいておりますでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――
◎見逃した、という方は、バックナンバーを確認ください。

◎(第1回)Nさんの就活体験記大公開
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110131.html

◎(第2回)就活成功のポイント
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110208.html
――――――――――――――――――――――――――

今日が第3回です。就活のスタート台ともなる「自己分析」
についてNさんが自身の方法論を包み隠さず明かしてくれ
ました。今回も必見です。

以下、Nさんのレターをそのまま転載します。



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ 自己分析(Nさん活動記その3)


●自己分析とは自身の2つの立ち位置を知ること

こんにちは、法政大学所属のNです。今日は自己分析に
ついて書きたいと思います。

“なぜ私は働くのだろう?”“なぜこの企業なんだろう?”
こんな問いを自身に何度も投げ掛けていた時期があり
ました。

つまり、一般的にいう自己分析を行っていたのです。
これがしっかり出来ていないと発言や文章の芯が定まり
難くなってしまいます。

私の考える自己分析のポイントはズバリ2つ。
自己の1)現実、2)欲求 を知ることです。これらに
ついて、説明していきましょう。



●過去の自分を振り返る事で初めて見えてくるのが「現実」

自己分析にまず必要な事は地に足をつけること。つまり、
現実を知ることです。

人の様々な要素は、過去の経験の積み重ねから来ます。
過去を読み解く事で自分がどういう人間なのか分析でき、
就活の軸作りに大きく貢献すると思うのです。

そもそも私が自己分析を行ったきっかけは、OB訪問時に
“なぜ働くの?”“なぜこの業界で?”“なぜこの企業
(某大手企業)なの?”と“なぜなぜ”攻撃を浴びた事
でした。

その問いに、当時の私はうまく答えられませんでした。
“生きていくため?”“なんとなく格好いいから?”今
思えば、とても浅はかな答えのオンパレードでした。

そんな私に、OBの方は自己分析を行うようアドバイス
しました。自己分析とは自分史を読み解くことから
始まる、と。

実際に行ってみると、自分自身を大きく左右する分岐点
が幾つかあることに気付きました。その分岐点とは、
中・高・大における部活動の選択です。選択の結果
所属した組織(部活)の中で私の価値観は大きく変化し、
成長してきたのだと思っています。

分岐点に気付いた私は今度は、部活(組織)を選択する
際に重視した事は何か?と自分に問い掛けました。
それは、自分の強みを活かせ、且つその業界の第一線
で活躍している組織である、という事でした。

つまり、私には前述したような軸(こだわり)があった
ことに気付いたのです。そして、それに沿うように半生
を歩み、その積み重ねが今の自分だという事が分かり
ました。

「現実」を知った私は、OBに投げ掛けられた“なぜ”
という問いに対して、わずかながらも光を見出した
思いであったことを今でもはっきり覚えています。



●説得力ある志望動機に繋がる「欲求」

ここで言う欲求とは、今どうしたいかではなく、この
先どうしたいかということです。

現実を知ると、自分がなぜ周りの学生と同じように
就活を行うのかが分かってくると思います。なぜなら、
現実(過去のこだわり)を知る事が将来こう在りたい
という欲求(将来のこだわり)に繋がってくるからです。

そのようなことから欲求を知ることが志望動機を深める
のに非常に役に立ちました。

過去の経験を踏まえ、私の欲求は以下の三点に整理でき
ました。

a)業界の第一線で活躍している企業(組織)に所属
  したい

理由)今までに自分自身の所属してきた部活(組織)が
そうであった。また、そういった組織には魅力ある人が
多く(自身の経験則から)、そこで生まれるケミストリー
によって、自分自身がもっとステップアップ出来ると
思えたからです。


b)世界規模で仕事がしたい

理由)大学では常に日本一を目指す挑戦の日々でした。
その為、社会に出た後は世界に挑戦したいと思ったの
です。


c)組織人として信頼される人間になりたい

理由)中・高・大と部活(組織)とともに歩んだ中で、
そこにはいつも多くの人がいました。人とは組織その
ものだと思います。だからこそ、人、そして組織、広く
は社会に信頼される人間でありたいと思っています。


このように自分の欲求を理解した結果、それを実現
させるには会社で働く必要があるのだと強い確信を持てる
ようになったのです。さらには具体的な企業選びの的も
最初はぼんやり、そして徐々にはっきりと定まっていき
ました。



●働く根本理由、それは自己成長のため

自己成長とは、目に見えない内面的変化であると私は
考えています。この自己成長こそが働く理由の根幹で
あると自己の現実・欲求を知ることで思うようになった
のです。

なぜ働くのか?それは、自身が成長する事で人(仲間・
お客様)との繋がり(信頼)が深くなり、それが私の
場合、大きなやりがいにつながるんだと分かりました。
これは、今までの部活などへの所属を通じた経験の中
で何度も味わった事です。

上述のような自己分析を踏まえ、私は自身が尊敬出来る
社員の方がいる、言い換えれば将来の目標となるような
人の在籍する、加えて自らがここで成長していきたいと
思える企業を志望先として絞りこんだのです。


今日のテーマである自己分析とは、現実・欲求を知る事。
それは過去を探り・未来を想像し、自己成長を目指す事。
自分と真摯に向き合う作業であると思います。


今回の内容、いかがだったでしょうか?参考にして
頂ければ幸です。

次回は、OB訪問についてお話したいと思います。
再び宜しくお願い致します。


――――――― Nさん執筆、ここまで ―――――――




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 今回も、お休み・・・


暫く、本コーナーはお休みさせていただきます。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 今回も、お休み・・・


こちらのコーナーも暫くお休みさせていただきます。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

就活成功のポイント 『就活3分講座』

こんにちは。就活アドバイザーの佐藤栄です。

◎「お前は誰だ」という方、以下の自己紹介をご覧下さい。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20090531.html



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
※別ウィンドウで「人気ブログランキング」が開きます。
人気ブログランキング

◎よろしければ、こちらにも一票を!
ここをクリックしてください。「にほんブログ村 就職バイトブログ」
※別ウィンドウで「にほんブログ村」が開きます。

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



前回発行の「Nさんの就活体験記(第1回)」、ご覧いた
だけましたでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――
◎見逃した、という方は、バックナンバーを確認ください。
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-date-20110131.html
――――――――――――――――――――――――――

今日は第2回です。部活に割かれる時間が多く、就活に
充てる時間が限られる中、どのようにNさんが内定を
勝ち取ったのか、その成功要因を語ってくれました。

以下、Nさんのレターをそのまま転載します。



■■■■― 今日のテーマ ―――――――――――――
□□□
□□ 就活成功のポイント(Nさん活動記その2)


●就活成功のポイントは「3+α」

こんにちは。法政大学所属のNです。
前回もお伝えしましたが、私の就職活動はとにかく時間が
ありませんでした。週1回の休みを除けば、部活動に割く
時間が一日12時間以上という状況。

そんな時間のない環境の中、成功したポイントはズバリ、
>> 3+α <<
つまり、
1) 沢山の人に頼る
2) 自分に負けない
3) 目上の人が好む格好・話し方を心がける
+α)感謝の気持ちを常に持つ、だと考えています。
一つ一つ、これらについて詳しく明かしていきましょう。



●Point1 沢山の人に頼る

就活に割ける時間が殆どないにも関わらず、私は就活を部
のシーズンが終わる3年の1月初旬まで始めませんでした。
いざ落ち着いてまわりを見渡すととてつもなく出遅れて
いて、焦りを感じたのを覚えています。

そんな私はまずリクナビに登録、数社にエントリーを行い
ました。すると、ビックリな事に志望度の高かった企業の
ES提出期限日が10日後に迫っているという危機的な
状況にあることに気付いたのです。

そこで「諦める事など出来ない」と思った私は直ぐにその
企業で働いているOBに連絡、ESを書いて行く事を条件
に翌日会う約束をして頂きました。

――――――――――――――――――――――――――
●●●ワンポイント・アドバイス●●●

OB・OGを探す場合、自分に出来るだけ近い人脈に頼る
ことをお勧めします。なぜなら近い関係にあればあるほど、
世話を焼きたいという考えが働くからです。

まずは大学の就職課ではなく、家族や友人、または自身の
所属しているサークル・部の先輩、或いはそこから派生
したネットワークを頼ってみてはどうでしょうか?
――――――――――――――――――――――――――

しかしながら就活1日目に急いで書いたESが良い評価を
頂けるはずもありません。OBには社会人という視点から、
様々な点を指摘して頂きました。

また、実際にその会社で働かれている方の話を聞けた事で
志望先をかなり深い所まで知ることが出来たのは大きな
収穫でした。

そうして、期限ギリギリで書き終えたESは初めに書いた
頃のモノとは比べ物にならない出来となりました。
(もちろん無事ES通過)

私は(ES・情報収集などで)OBの方に助けていただく
他にも、ESを友人間で見せあって指摘しあったり、過去
の先輩たちのESを集めて良いなと思った表現や文章など
を参考にしたりといったように、まわりの沢山の人に頼り
ました。

一人で全てやっていては時間が足りないため、自分の周り
にある人脈・環境全てを最大限に活用する事で、時間の
不足を補うと同時に他の学生との差別化を図ろうとしたの
です。



●Point2 自分に負けない

時間がない中でどう就活戦線を戦い抜くか、Pointの2つ
目は意識と行動を変える事でした。部活動を行っている
時以外は就活に頭を切り替え、没頭したのです。

さらには、1日1日の目標(問題集をここまで解く、ES
をこの日までに書くなど)を自分に課し、確実にクリア
していく日々を送るようにしました。

時間があるからといって、だらだらと就活をやっていては
結果に繋がりません。全ての人が平等に与えられている
「時間」を十分に有効活用して欲しいと思います。

ちなみにそのような追い込まれた環境の中、どのように私
はモチベーションを維持したと思いますか。その方法とは
働きたいと思う会社に勤める自分をリアルに想像する事
でした。「目標とする将来の自分に近づくためなら」と
思うことで、辛い日々も乗り越えられたのです。



●Point3 目上の人が好む格好・話し方を心がける

就職活動において髪を黒く(男性であれば短髪に)する等、
いわゆる就活スタイルにすべきだ、と世間一般では言われ
ます。私もそうすべきと思っています。

それはなぜかというと、そのような格好にする事で、“私は
この先、社会人として社会の決まり事を守れる人間ですよ”
といった意思表示になると思うからです。

さらに面接官は40~50代の方が多数を占めます。そう
いった方の多くは私の経験上、個を前面に出すような
格好を好ましく思わない方が多いと思うのです。

そのようなことから、そういった方々にも好まれ、
清潔感のある一般的な学生らしい格好で活動される事を
お勧めします。

ここで、ちょっと貴方に質問です。「お年を召している方
ほどあまり自分の話を聞いてくれない」、そんな思いを
抱いた経験はありませんか?

そういった方に、だらだらと理由を述べ、結論をもって
くるという冗長な話し方は不向きであると私は思います。

聞かれた事に対し、まず初めに結論を持っていき、簡潔
に理由を述べる話し方を日常生活から心掛けるように
意識することをお勧めします。

私の場合、コーチや監督がそういった年代の方々だった
ので、報告する時などにそのような話し方を強く意識
していました。

貴方にも目上の人が受け入れやすい格好や話し方を是非
修得して欲しいと切に思います。



●+α 感謝の気持ちを常に持つ

少し余談になりますが、企業のさまざまな採用活動に
参加する際、それが就活生としての当たり前の権利だと
思っている方はいらっしゃいませんか。しかし私はそこ
に、感謝の気持ちを持って臨んで欲しいと考えます。

それは、なぜか?「企業は人だ」とよく言われるように、
人なしでは企業は在りえません。だからこそ、あなたの
参加しているイベント等に企業は多くの時間や社員、
お金を費やしているのだという事を感じ取って欲しいと
思うのです。

常に感謝の気持ち、“お話をして頂いている”“私の話を
聞いてくださっている”という気持ちを持つ、そういう
スタンスで就職活動をしてみてはいかがでしょうか?

私の場合、OB訪問・面接時に特にこの感謝の気持ち
を大切にしました。

具体的にはOB訪問において助けて頂いた方に、「その
都度お礼のメールを送る」、「面接時であれば、必ず自己
紹介の後に“本日は宜しくお願い致します”、面接後
には“本日はありがとうございました”と心から感謝
の言葉を述べる」、そういう或る意味些細な事を徹底
いたしました。


私が考える、成功のポイント「3+α」、いかがだった
でしょうか。

今回はここまでです。時間のない中で私が意識した工夫
等、貴方の役に立てば最高です。

次回は自己分析について、経験を踏まえながらお伝え
出来ればと考えています。どうぞ宜しくお願い致します。


――――――― Nさん執筆、ここまで ―――――――




■■■■― お薦めの一品(情報) ―――――――――
■■■
□□ 今回も、お休み・・・


暫く、本コーナーはお休みさせていただきます。




■■■■― 佐藤お薦めの就活に役立つ書籍 ―――――
■■■
■■ 今回も、お休み・・・


こちらのコーナーも暫くお休みさせていただきます。




■■■■― 注目の品々 ――――――――――――――
■■■
■■ 何れもお見逃し無く・・・


●佐藤栄作成の骨太レポートから学ぶ。

佐藤作成のレポート(今なら無料で入手可能)は以下
リンクから入手してください。

※下記URLは電子書籍のXam(ザム)にリンクして
 おります。Xamは協賛レポートなどのダウンロード
 上の制約がありませんので、安心して活用ください。


◎なっとく就活!シリーズNo.1
『就活準備編』-準備の違いが結果を決める-


◎なっとく就活!シリーズNo.2
『就活準備QA編』-真実はそうだったのか!!-


◎なっとく就活!シリーズNo.3
『文章の書き方編』-『思い』を100%伝えきる文章へ-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●有料教材から学ぶ。

就活だけでなく就職後も活きる佐藤お薦め教材がこちら。

◎「簿記三級」教材詳細。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



●注目書籍から学ぶ(過去にご紹介の品々)。

過去にご紹介の品々を再掲載。「見逃したぞ!」という
方もチェックしてみてください。

(1)就活に直結する学びを得る書籍。

◎「就活格差」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「赤い自転車に乗って」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「新幹線ガール」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



(2)充実の生涯を送るための学びを得る書籍。

◎「『7つの習慣』 成功には原則があった!」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「小さな人生論」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「学問のすすめ」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。


◎「鏡の法則」
→Amazon書評或いは購入はこちらから。
→佐藤コメントはこちらの過去記事を。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

「ブログランキング」ワンクリックにご協力を。

ついでにと言っては恐縮ですが、ブログランキング
ワンクリックもお願いできれば幸いです。

◎「ワンクリック」のご協力をお願い致します。
人気ブログランキング
ここをクリックしてください。「人気ブログランキング」
人気ブログランキング

●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

本内容をメールマガジン(まぐまぐ!)で配信中です。
よろしかったら、以下からご登録願います。
メルマガ登録・解除
 


●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

仕事のスキルアップ!
さとうのプロフィール

Author:さとうさかえ
●自己紹介です。

「お前は何者だ?」との疑問が頭をよぎると思いますので、自己紹介させて下さい。

私は都内の大学を卒業し、電機関係のメーカーに勤めております(規模では大手かと思います。都内勤務です)。

既に入社20年を超えました。従いまして今風に言えばアラフォーでしょうか。

入社後は色々な部署を経験しましたが、現状は人事関連の仕事に多く関わっております。

その関係から、新卒や中途採用などの面接官も数多く経験してきました。

また異業種交流会(既に発足後10年経過)の取りまとめ役も担っており、社内だけではなく、社外との交流も意識的に行っております。

趣味は温泉&入浴後のビール(趣味とは言いませんね、でもたまらないです:苦笑)。

少しは、さとうさかえをつかんでいただけましたでしょうか。

お友達のHPも是非訪問を!!
最新記事一覧
カテゴリ別一覧
キーワードを入れて検索を!
貴方のコメント、待ってます!
コメントはこちらから!

お名前:
貴方のメールアドレス:
件名:
自由にご記入ください!:

最新トラックバック
ブロとも申請はこちらから!

この人とブロともになる

RSSリンク
スポンサードリンク
就活準備編レポート、今なら無料!
「なっとく就活!」シリーズNo.1 就活準備編-準備の違いが結果を決める-。全61ページの骨太レポートです。是非ご覧ください。


メールアドレス

役立ち満載無料メルマガ発行中!
メルマガ購読・解除
 
訪問、ありがとうございます!
QRコード
QRコード
QLOOKアクセス解析 FXってなんなの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。